脱毛、剃り忘れた時はどうなる?

水着の女性17

最近はツルツルの美肌を目指し、サロンやクリニックでプロによる脱毛施術を受ける人も増えてきています。自己処理するよりも確実に綺麗に仕上げられ、綺麗になった肌はどのタイミングで見られても大丈夫という安心感が持てる反面、少し費用が高い事、そして施術を受ける際に様々なトラブルが起こる可能性があります。

そのトラブルの一つが剃り残しによるものなのです。

脱毛前に自己処理しなければいけない理由

せっかく脱毛を受けるなら自分でムダ毛の処理をする必要もないという印象を受けますが、施術前には必ず自己処理しておかなければいけません。これはサロンやエステ店で行われるフラッシュ脱毛が、ムダ毛に含まれているメラニン色素に反応する波長の光で処理していくためです。

ムダ毛の発生源となる毛母細胞を破壊する事で生え変わりを抑制できるという仕組みになっているのですが、メラニン色素の量が多いほど照射する際のエネルギー量も大きくなります。厄介なのがメラニン色素は毛根だけではなくムダ毛全体に含まれている事です。

つまりムダ毛が長い状態で照射すると熱エネルギー量が不必要なほど発生する事になり、火傷をしたり肌や毛穴にダメージを与えてしまうのです。基本的に最近の脱毛機は安全に作られているので火傷の心配はないのですが、ムダ毛が長いと脱毛ヘッドを肌に押し付けた時に、熱を持ったムダ毛が肌に横たわる状態になるため火傷するリスクが出てきます。

さらに本来の目的である毛根部分の毛母細胞を破壊するといった効果が実感しにくくなる可能性もあるため、フラッシュ脱毛前には必ず自己処理をしておかなければいけないのです。

剃り残しがあった時はどうなる?

実は昔は脱毛施術前のシェービングはお店が行うパターンがほとんどでした。しかし今は脱毛前に顧客に自己処理して貰う事で、以前より料金を下げて施術を行っています。加えて刃物を使って処理する行為は理容免許を所持するスタッフのみ許可されている事もあり、シェービングサービスは一切行わないというサロンも増えているのが現状です。

もし脱毛施術前に剃り忘れた、または剃り残しがあった場合はサロンによって対応が異なります。少しの剃り残しがあるだけでも施術は出来ないと断られる所もあれば、襟足や背中、ヒップの奥など自己処理が難しい部位のみ無料でシェービングサービスを実施している所もあります。

剃り残しについて厳しく融通が利かないサロンも多く、ただ施術を断られるだけでなく、無駄になってしまった分も1回分として消化されてしまうケースもあります。後になってトラブルにならないように、剃り残しの対応について最初のカウンセリングでしっかりと確認しておいた方が安心です。

また最初から有料でシェービングサービスを行っているサロンもあるため、自己処理が面倒であったり苦手な人は、このタイプのお店を選んでおいた方が良いかもしれません。

自己処理を行うのはいつ?何を使って?

自己処理を行うタイミングは施術を受ける1~2日前とされています。ムダ毛が伸びるのが早い箇所は前日に、それ以外は2日前に処理をしておくと余裕が持てます。2日前から行っておくメリットは、処理する事で肌が乾燥したり傷つけてしまった場合も、日に余裕を持たせる事である程度のリカバリーが出来るという事です。

そして自己処理は何を使って行えば良いか?という点ですが、カミソリよりも電気シェーバーを使う事が推奨されています。カミソリは手軽に使えますが、ムダ毛と共に肌表面の角質まで剃ってしまう事になるので、乾燥や炎症などを引き起こす原因になるのです。

特に目立った傷がなくても実は目に見えない小さな傷がついている事が多いため、肌の事を考えても電気シェーバーの方が安心です。ちなみに電気シェーバーは表面にセットされている金具が根元から毛をすくい上げて、内側にセットされている内刃で毛をカットする仕組みになっています。

刃の部分が肌に当たって傷つかないようになっているので、カミソリよりも安全に使う事が出来ます。ほとんどのサロンが電気シェーバーを使っての自己処理を推奨していますが、カウンセリング時など最初に指導された方法で処理をしておくと安心です。

また万が一に備えて施術当日に顔用のシェーバーを持参すると安心です。小型なので持ち運びしやすく、自己処理する事自体忘れていた場合や剃り残しを指摘された時も焦らず対処出来ます。

剃り残しの許容範囲

ムダ毛を自己処理する場合、どれぐらいまでの剃り残しが許容範囲なのか気になるところですが、一般的に肌から3ミリ以上伸びている状態だと剃り残しとみなされます。つまり1~2ミリなら許容範囲で施術可能という訳です。

1日で2ミリも伸びる事は不可能なので前日に処理しておけば万全な状態で脱毛に臨む事が出来ます、ちなみにムダ毛処理した後は黒いブツブツが残ってしまいますが、これは0.1ミリ程度の長さなので剃り残しにはなりません。

そして注意したいのが、ムダ毛を目立たなくさせようと毛抜きを使う事です。ムダ毛を抜いてしまうのはNG行為で、そもそも光脱毛はムダ毛の中のメラニン色素に向かって光の波長を作用させる事で脱毛が可能になるため、毛を完全に抜いてしまっては反応すべきメラニン色素が無くなり施術をしても無駄になってしまうのです。

また一般的に太いムダ毛は目立ちやすく気になるものですが、脱毛前の自己処理においては太い毛より産毛のような細い毛に気を使わなければいけません。太く黒々とした毛は処理しなければならないと意識しますが、産毛は光が当たると見えづらく、さらに体中に無数に存在するので見落としてしまう可能性があります。

産毛も綺麗に脱毛したいならば、見えにくい部分までしっかりと自己処理する必要があるのです。

自宅で簡単・つるすべ清潔男子に変身!便利なメンズ用脱毛クリーム

確実に剃り残しを無くすために…

脱毛前の自己処理を万全にするためには、処理した後に剃り残しが無いかを確認する事が大事です。例えばお風呂でムダ毛の処理をする人が多いですが、風呂場の電球はぼんやりとした柔らかい光を採用している事が多く、綺麗に処理したつもりでも実は広い範囲で剃り残している可能性があります。

光の当たり具合によって肌の見え方も違ってくるので、別の部屋の違うタイプの光の下で確認しておくと、確実に剃り残しの量も減らす事が出来ます。同様に色んな角度でチェックしておく事も大事です。特に後ろの部分は首を捻って確認しなければならず、つい剃り残しも見落としがちです。

こんな時は他の人に確認して貰うか、または鏡を使って剃り残しの有無を確認します。鏡を使えば自分の立ち方を変えるだけで、多方面からチェックできるので便利です。