あなたは剃る派?それとも塗る派?これでスッキリ!脱毛のあれこれ

水着の女性25

女性にとってムダ毛の悩みは尽きないものですが、最近は男性でもムダ毛をきちんと処理している人が多いようです。手や脚、ワキからアンダーヘアーまで、ムダ毛はどのように処理すればいいのでしょうか?それぞれの方法のメリット・デメリットをきちんと理解すれば、ご自分に一番合ったムダ毛処理の方法を見つけることができます。

カミソリで剃る方法のメリット・デメリット

ムダ毛の処理方法には、自分で自宅で簡単にできるものから、脱毛サロンなどで処理してもらうものまで、いろいろあります。脱毛サロンでの処理にはそれなりの費用がかかりますから、自分でご自宅で処理しているという方が圧倒的でしょう。

まず、自分で自宅で処理する方法のうち、カミソリで剃る方法について、それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。自分で自宅で処理する方法として、最もポピュラーなのが、カミソリで剃る方法。カミソリは、ドラッグストアなどで数百円で買えますから、とても経済的です。

脚、腕、脇の下、ビキニラインなど、自分で見ながら処理できる箇所なら、らくらくお手軽に処理できます。ムダ毛とともに古い角質層も除去してくれるので、適切に行えば、肌のターンオーバー(再生)を促し、くすみをなくしてくれるというメリットもあります。

しかし、カミソリで剃る方法は、どうしても肌の角質層まで削ってしまうので、カミソリ負けになってしまう危険があります。カミソリ負けは、カミソリの刃で肌の角質層を削ってしまうことにより、肌の表面に小さな傷がついてしまい、そこに雑菌が感染することで炎症が起きてしまっている状態。

肌が赤くなってしまったり、ヒリヒリとした痛みを感じたりします。また、カミソリ負け→炎症→治癒というサイクルを繰り返していると、黒や茶色に色素沈着してしまうことも。そうなるとすぐには元には戻りません。カミソリで剃るという方法は、最もお手軽で簡単に行える方法である反面、肌へのダメージがとくに大きい方法でもあると言えるでしょう。

これらのデメリットを避けるためには、切れ味の良い、新しいカミソリを使用することが、なにより大切です。ムダ毛を剃るときには、蒸しタオルを使うなどしてムダ毛を柔らかくし、シェービングクリームを使って剃るのがよいでしょう。

剃り終わったら、刺激の少ない化粧水やワセリンなどで保湿することも忘れずに。

電気シェーバーで剃る方法のメリット・デメリット

水着の女性39

カミソリで剃る方法のデメリットを考えて、電気シェーバーで剃っているという方も多いでしょう。電気シェーバーも、家電量販店などで数千円程度で購入できますから、比較的経済的な方法と言えるでしょう。入浴時にウェットシェービングできる機種や、石鹸剃りができる機種なども発売されています。

電気シェーバーは、肌へのダメージを軽減するように作られていますから、カミソリで剃る方法に比べ、肌への負担は格段に少ないと言えます。しかし、一般的な電気シェーバーでドライシェービングする場合、肌が湿り気を帯びていると上手く剃れません。

また、カミソリを使う場合に比べると、深剃りが難しく、どうしても剃り残しが出てしまいます。さらに、カミソリよりは少ないとはいえ、電気シェーバーでも肌の角質を削ってしまいますから、人によっては、カミソリ負けになってしまうことがあります。

これらのデメリットを防ぐには、ドライシェービング、ウェットシェービングを問わず、それぞれの機種にあった潤滑剤を使い、肌に強く押し付けないように剃ることが大切です。

脱毛(除毛)クリームを塗る方法のメリット・デメリット

脱毛32

以上のような剃る方法のデメリットを考えて、クリームを塗るという方法を採っている方も多いようです。一般的に脱毛クリームとして販売されているものは、正確には除毛クリームです。どの除毛クリームにも、チオグリコール酸カルシウムというアルカリ性の成分が含まれています。

ムダ毛の生えている箇所に塗って一定時間放置すると、その成分がムダ毛のタンパク質を溶かすので、タオルなどで拭き取れば手軽にムダ毛処理することができます。除毛クリームはドラッグストアなどで数百円程度で購入できますから、お手軽に経済的にムダ毛処理ができます。

カミソリを使う場合に比べ、比較的安全ですし、見えにくい場所のムダ毛処理もし易いというメリットもあります。しかし、薬剤によりムダ毛を溶かすという方法ですから、人によっては肌トラブルが生じてしまうというデメリットがあります。

赤くなったり、ピリピリとした痛みを伴ったりすることもあるようです。ひどい場合には、薬物性の皮膚炎が起きてしまうことも。そうならないためには、使用前に、必ず二の腕の内側などでパッチテストを行って、自分に合っているのかを確認する必要があります。

説明書の使用方法、放置時間を守ることも重要です。また、一般的には脱毛クリームと称して販売されていますが、実際には肌表面のムダ毛を溶かすだけですから、またムダ毛が生えてきてしまうというデメリットもあります。

自宅で簡単・つるすべ清潔男子に変身!便利なメンズ用脱毛クリーム

脱色クリームを塗る方法のメリット・デメリット

クリームを塗ってムダ毛処理をする方法としては、もう一つ、脱色クリームを塗るというものがあります。脱色クリームは、その名の通り、ムダ毛の生えている部分に塗って一定時間放置すると、ムダ毛の色を薄くして目立ちにくくしてくれるものです。

脱色クリームはドラッグストアなどで数百円程度で購入できるので、お手軽で経済的です。ムダ毛の黒い色が金色など肌の色に近くなるので、遠目に見ればムダ毛が生えていることがわからなくなります。完全にツルツルにするものではないため、男性にもオススメの方法と言えるでしょう。

しかし、薬剤によりムダ毛を目立ちにくくするというものですから、除毛クリーム同様、肌トラブルが生じてしまうというデメリットがあります。除毛クリームの場合と同様、事前にパッチテストをし、説明書の使用方法を守ることが重要です。

使用後は、肌が乾燥してしまうことが多いので、刺激の少ない化粧水やワセリンなどで保湿しておくことも大切です。また、この方法は、ムダ毛を目立ちにくくするだけですから、近くで見るとムダ毛が残っているのが分かってしまいますし、触ると毛の感触がわかってしまうというデメリットもあります。

脱毛、剃り忘れた時はどうなる?

さて、あなたは剃る派?それとも塗る派?

この他にも、毛抜で抜くという方法もありますが、痛みを伴ううえ、毛穴から雑菌が入り炎症を起こすなどの肌トラブルが起きやすいことから、オススメしません。となると、自宅でお手軽に、しかも経済的にムダ毛を処理するとなると、以上の4つの方法のいずれかによることになるでしょう。

どの方法にも、メリットとデメリットがあり、人によっても合う・合わないがあるので、一概には、どの方法が一番オススメとは言えません。それぞれのメリット・デメリットを理解したうえで、あなたに一番合ったムダ毛の処理方法を見つけてくださいね。